FC2ブログ

日記

日常のこと

レバーアクション  まとめ  

レバーアクションベルトは締めやすく便利ですが
穴の調整がめんどくさいです
そこで簡単に調整できるように改造してます
もうかれこれ25年くらい前からやってます
色々やって最終的に今の状態に落ち着きました
新旧の写真を使ってそれをまとめてみました

準備するものです
M10ワッシャ、ツメ付ナット、M8半ボルト、アルミM8ボルトです
DSC_2369_R_2017010810234278e.jpg



バックルの形状です(ノーマル状態)
二本のねじで固定して4本フックでひっかけます
(画像はネットからもらってますスミマセン)
p1010712_1.jpg

4本フックにダイスでねじ山を立てます
手前二本だけでも十分です
DSC_2376_R_20170107175957a98.jpg

ツバ付ナットの尖った部分は削り取ってます
DSC_2867_R.jpg


今回は4本ともねじ山たてました
そこにツメ付ナットを取り付けます
ツメは削って取り除いてます
ベルトとナットの間にM10ワッシャを挟みます
ナットをスムーズに締める為です(無くても大丈夫、以前は付けてなかった)
DSC_2382_R.jpg

続いて先端の2本のボルトで締め付けるボルト穴を
一旦M8のタップで切り直します
そこにM8アルミボルトをねじ込みます
もともとの付属のボルトは多分インチねじだと思いますので
ピッチが合いません
でも付属のボルトをねじ込んで頭を切り取り、その上から穴を開けて
タップ立てても構いません
わざわざアルミのボルトをねじ込むのは
本体がアルミでできてますので、インチねじ(鉄製)をねじ込むと
ドリルで穴を空けるさいにキリが逃げる可能性があったためです
但し、真っすぐに穴を空ける際は、付属のインチねじを利用しても構わないと思います
要は技術があれば付属のインチボルト(鉄製)を使ってもいいんです
DSC_23742_R.jpg

M8アルミボルトをねじ込んだらバックルと面一の所で切断します
これでバックルの裏面のボルト穴がなくなり平になりました
そしてそこに新たに26ミリ間隔でポンチを打ち、6.5~6..8くらいのキリで下穴を空けて
M8のタップを立てます
IMG_0018_R.jpg


そこに半ボルトをちょうどいい長さに切断したものを
ねじ込んで完成です
半ボルトはねじ部を10ミリくらいねじ切してない部分を15ミリ位に切断!
切断したボルトです
IMG_0016_R.jpg



以前は、インチのネジ穴にそのままM8のタップでねじ山たて直してました
しかし、この二本のボルト穴は真っすぐに穴を空けるよりも
少し斜めに開けたほうがベルトを締めた時に外れにくいと思います
実際にまっすぐにねじ込んで外れた事はありませんが
レバーを緩めると反動でピンがベルト穴から抜けます
簡単に抜けない為にも斜めに穴を開けなおす様にしてます
DSC_2377_R_20170108101108cd3.jpg
斜めにキリで穴開けしなくていいのでしたら
インチボルトのハンボルトを買ってきてちょうどいい長さに
切断してねじ込めば完了ですので簡単です
機会があったらやってみましょうかね



完成です
DSC_2388_R.jpg
斜めに入ってるのが分かりますか
DSC_236911_R.jpg

ベルトにつけた状態です
DSC_237011_R.jpg
以前は4本フックのセンターに穴空けて5mmねじをタップで立ててました
DSC_2865_R_201701081015374ca.jpg


以前のM5でセンター穴開けして取り付けた状態
こちらの方が簡単だと思いますが、穴を開けてタップ立てる時に
ピンが折れる事があり、強度的には今のM8でダイスでねじ山立ては
方が強いのかと思います
DSC_0351_R_20170107184405d87.jpg
今のツメ付ナットでの留め方
DSC_2368_R.jpg

以前はツバ(ベロ)の部分を鉄板で作り直してました
DSC_0349 (2)_R

旧型のほうが、ピンが斜めに入れてあるのが分かりやすいと思います
IMG_0011_R.jpg



昔のバックルはピンとピンの間が長方形に穴が開いてなかったので
加工がしやすく強度も有ったと思います..
DSC_2388_R.jpg

 
今はベルト穴調整できるタイプのレバーアクションベルトが
販売してますのでわざわざ改良する必要はないかもですが
自分のバックルも改造してみたいって思う方の一考にしてもらえればと
思います
「いやいや、もっとこうした方がいいよ~」ってアイディアお持ちの方
是非是非教えてください
また、良く分からないって方は連絡ください
分からない部分はいつでも回答致します
まー失敗してもバックルだけ4千円くらいで売ってますから

改造に有ればいい、いや無いと出来ない道具ですが
M8タップ、ダイス、タップダイスハンドル、卓上ボール盤、キリ6.5、
グラインダー、サンダー、バイスプライヤ(有れば)
ボール盤は正確に穴開ける為あった方がいいですが
ドリルドライバーでも出来ます
まー結構な道具ですかね
我が家には常備してます 笑
コツコツ買いそろえて結構なものです
将来ほしいものは 旋盤とフライスです笑
DSC_237411_R.jpg

DSC_2372_R.jpg

 
フライス盤加工ができる人なら、削り出しでバックル自体を
作れるんじゃないでしょうか!
フライス盤が欲しい 笑
その代金で何個バックル?いやいやベルトが買えるか 
 

スポンサーサイト



category: DIY

tb: --   コメント: 2

コメント

こんばんわ珍珍亭店主和尚です。今日も餃子を作りました。たまらなく美味しいです。先輩、先日は長文コメに対して丁寧な返信ありがとうございました。
動画サーフィンをしていてあちこちで先輩のコメントをみつけると嬉しくなります。ここも見てるのかぁって。
このレバーアクションは凄いですね。SBDのレバーアクションがこういうタイプですもんね。25年前に特許をとってれば先輩が先駆者となっていたはずです。
驚愕です。

和尚x #- | URL
2017/01/08 20:11 | edit

Re: タイトルなし

和尚Xさま、こんばんは!

> こんばんわ珍珍亭店主和尚です。今日も餃子を作りました。たまらなく美味しいです。
将来定年後?は安泰ですね(中華料理店店主)

> このレバーアクションは凄いですね。SBDのレバーアクションがこういうタイプですもんね。
>25年前に特許をとってれば先輩が先駆者となっていたはずです。
ワンタッチタイプのパワー系のベルトは何社からか出ましたが
現在のレバーアクションが出た時にすぐに飛びついて買いました
1990年ごろだったと思います
買ってすぐ思ったのがベルト調整がめんどくさい!って事でこうなりました! 笑
でも、バックルを何個もつぶしました 笑
アルミロウ付けしようとして溶かしたり、違うところを切断したり 
それなりに苦労は有りましたよ 笑

alexmason #- | URL
2017/01/08 22:46 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア